-

借金についての引き落し方法はローン会社の経営方針如何で相当ずれがあり、いろいな方式が選択されています。基本的なところではスライド方式やリボ払い法が選択されているみたいです。かくのごときほとんどの人が知ってるリボ払ですけれども実際のところ算出法にいろんな方式といったものがあったりするのです。したがってその方式に応じて支払いトータルが変わってきてしまいますので、理解していて損することはないと思います。しからば簡単に2つのメソッドのへだたりに関してを説明します。一つ目は元金均等払いで、次は元利均等払いというものです。それぞれその名のとおり元金を均分に支払っていくという方式と元金と利子に関して合わせて均等に支払っていこうという形式になります。この場では10万円借りたとして、実際上いかなる算出をするのか試してみましょう。利回りについてはどちらも15%と仮定し計算します。またリボ払の額を1万円として考えます。ともかく元金均等払いからです。かような折のはじめの返済については1万円に利率分の1250円を計上した引き落とし金額となります。次の返済に関しては1万円へ利子1125円を合計した引き落とし金額へとなります。こういったふうにして全10回にて支払を終わらせるという形式となります。一方元利均等払いは初回の引き落しに関しては1万円ですが元本へ8750円、利息に1250円といったようにして分配します。次の支払に関しては元本が8750円へと減った状態で金利を勘定し1万円からまた割り振るのです。つまり元利均等払いの事例では10回で支払いが完済しないという算出になってしまうのです。これだけの違いで二方がどれぐらい相異なっているかわかったことでしょう。元利均等は元金均等に比較し、明白にもと金が減少していくのが遅いといった難点というのがあったりするのです。言い換えれば利子をおおく返済すると言うことになります。一方1度目の支払が小さな金額ですむというような長所もあります。このような支払方式に関してのへだたりに連動して、引き落し金額というのが変わってくるのでご自身の計画に応じた方針をするようにしていってください。

Category

リンク